Portrait of young man outdoors with very handsome face

ミスマッチを防ぐ

a young man

転職をする際に一番怖いのが「やっぱり前の会社の方が良かった…」と言う最悪の事態を招くこと。
でも、実際に転職したエンジニアの中には、給料は上がったけどやりがいを感じられる仕事ができず、
給料を下げてでも前の会社に戻りたい、と言うエンジニアや、より高いスキルを身に付けたいと転職したものの、
求人とは違う残業の多さに転職したことを後悔していると言うエンジニアもいます。
これは、転職先の企業について詳しく調べていないことが原因で起こります。
とは言っても、エンジニア求人を出している企業の中には求人とは違う情報を載せている企業もあるので、
求人情報だけではどんな会社かを見抜けない場合もありますし、
限られた情報だけでどんどん自分の中で会社のイメージが膨らんでしまい、
「きっと良い会社に違いない!」と勢いで入社したものの、実際は全く違ったということもあります。
そう言うことを防ぐためにも面接での「逆質問」がとても重要になってきます。
大体の企業では面接の最後に面接官から「何か質問があればどうぞ」、と逆質問の機会をもらえます。
そこで求人情報で気になった点や、求人情報だけではわからなかった点を質問してみましょう。
面接で緊張してしまって何を話せば良いか忘れてしまう、と言う人は、あらかじめメモに書いておいても良いと思います。
また、「なんとなく今の会社が嫌だから」と言う漠然とした理由で転職してしまうと、
転職した後にミスマッチが起こる可能性も高くなります。
「エンジニアとして一体自分が今の会社の何を不満に感じているのか」を自分ではっきり理解し、ミスマッチが起こらないようにしたいですね。